PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[予防接種] 台湾での赤ちゃんの予防接種

【台湾の主な予防接種の種類と接種スケジュール】

http://mcfh.net/yobou/asia/TAIWAN.htm
又は、
http://www.cdc.gov.tw/index.asp
画面左側の項目から預防接種 ⇒ 画面真ん中くらいの分類から預防接種成? ⇒
⇒ 預防接種紀要を開く。

参考までに・・・
日本の場合
http://idsc.nih.go.jp/vaccine/dschedule.html

北京の場合?!
http://www.longtou.net/clinic/hlt/yobou.htm

ちなみに・・・
 近所の小児科診所でもらってきた兒童自費予防接種簡介って紙には
 下記のような種類が記されていた。
①新型三合一疫苗:白喉、非細胞型百日咳、破傷風
 接種時間(年齢):2,4,6,18個月

②四合一疫苗:新型三合一疫苗+B型嗜血桿菌疫苗
 接種時間(年齢):2,4,6,18個月

③五合一疫苗:新型三合一疫苗+B型嗜血桿菌疫苗+注射型小兒痲痺
       (口服型小兒痲痺より注射型のほうが副作用が低いらしい。)
 接種時間(年齢):2,4,6,18個月

④六合一疫苗:新型三合一疫苗+B型嗜血桿菌疫苗+注射型小兒痲痺+B型肝炎疫苗 
 接種時間(年齢):1.5,3,6,18個月

⑤接合型肺炎鏈球菌疫苗
 接種時間(年齢):2,4,6個月及び満12-15個月
         (2個月以上嬰幼兒即可施打)

⑥A型肝炎疫苗(0.5cc 小孩)
 接種時間(年齢):間隔時間6ヶ月

⑦流行性感冒病毒疫苗
 接種時間(年齢):満6個月、毎年秋冬季節、毎年接種一次
         (8歳前第一年需接種二剤、二剤間隔4~8週)

⑧MMR
 接種時間(年齢):満1歳

⑨水痘疫苗
 接種時間(年齢):満1歳

⑩口服輪状病毒疫苗
 接種時間(年齢):6周~6個月
         需接種二剤(二剤間隔一個月)

ちなみに・・・その2
 うちの子は、林口長庚兒童醫院の林院長(うちの子が入院していた時の主治医)
 の薦めもあって五合一疫苗を接種中。(周りでもこれが多い)
 六合一疫苗は最新らしい。そこまではいらないとのこと。
 B型肝炎については・・・お母さんに問題がなければ通常はいらない。とのこと。
 MMR・・・お母さんからの免疫が切れる6~8ヶ月以降が危険らしい。
     では、その前に接種!なぁ~んてやっても免疫があるので無意味らしい。


【各予防接種の中国語名と日本語訳】

①卡介苗:BCGワクチン

②B型肝炎疫苗:B型肝炎

③白喉、百日咳、破傷風三合一疫苗:ジフテリア、百日咳、破傷風=DPT

④小兒痲痺:ポリオ(注射型と口服型がある。)

⑤麻疹、腮腺炎、國麻疹三合一疫苗:麻疹、おたふく風邪、風疹=MMR

⑥日本腦炎疫苗:日本脳炎

⑦B型嗜血桿菌疫苗:ヘモフィラス・インフルエンザ菌タイプB(Hib)

⑧水痘疫苗:水疱瘡

ちなみに・・・
・台湾のBCGは日本のスタンプ式とは異なり、お医者さんによっては
 全然知らず、驚く人もいるので注意。
・上記⑦はインフルエンザという名が付いていますがウィルスではなく、
 バクテリアによる感染です。インフルエンザとは関係無いようです。
 日本では、紛らわしく"インフルエンザ菌b型(Hib)"と言われています。
Hibについて、もっと詳しく・・・
 http://cyberkidsclinic.blog51.fc2.com/blog-entry-1.html
 画面真ん中くらいの右側のブログ内検索からHibで検索。
 or
 画面真ん中くらいの右側の月間アーカイブから2006年12月 ⇒
 ⇒ 画面の上側の数字(カレンダー)から25をクリックし、
 2006年12月25日の「インフルエンザ菌b型ワクチン」を参照。

下記のようなサイトも発見。
http://m1.aol.com/nittaseigo/g/boshi.htm

http://satoshi.web5.jp/unicef/uni_2004.htm

③海外勤務者のための医療・衛生情報
http://www.johac.rofuku.go.jp/world/AsiaEast/Taiwan.html

↓じえいままさんの参考メモあり。


スポンサーサイト

| 医療に関するメモ | 01時14分 | 参考メモ:4 | trackbacks:0 | TOP↑

Hibワクチン

こんにちは。
とてもためになる情報ありがとうございます。
小児科でHibワクチン+注射型ポリオを接種しようと思います。
(ポリオは日本で2回済ませていますが
3回接種のほうが確実に免疫がつくと聞いているので。)

| じえいまま | 2007/09/29 22:33 | URL |

Hibと日本脳炎について

ヘモフィラス・インフルエンザ菌タイプB(Hib)については
メモを更新しました。
日本脳炎については下記のような記事を発見しました。
-----記事-----
 日本脳炎の新型ワクチンの開発が遅れ、定期予防接種の再開が早くても09年度にずれ込む見通しとなった。旧型ワクチンによる定期接種は、重い副作用が出たことから05年に中止され、今夏から新型ワクチンを供給できる見通しだった。予防接種の空白期間が4年以上になることから、専門家からは感染拡大を懸念する声も上がっている。
 日本脳炎は、予防接種法に基づく定期接種の対象で、12歳になるまでに4回受けることが努力義務となっている。しかし、旧型ワクチンは運動障害などの副作用が出たため、厚生労働省は05年7月、自治体に「接種の積極的な勧奨をしない」ことを勧告し、ワクチン製造は中止された。
 同省によると、2社が新型ワクチンの開発を進め、当初は今年度から供給開始の予定だった。しかし、臨床試験で予想外の副作用が確認され、国の製造承認は09年度以降の見通しとなった。
 日本脳炎患者発生の報告は、今年4月までの9年間で計46人。中・四国地方が全体の43%、九州・沖縄地方が41%を占める。希望者は旧型ワクチンの接種を受けることができるが、昨年の使用量(約30万本)と同じペースでも数年で在庫がなくなるという。このため厚労省は日本医師会に対し、接種は患者発生が多い中国地方以西の在住者を優先するよう協力を要請している。
 厚労省はホームページで、蚊に刺されないための工夫や、旧型ワクチン接種希望者への情報提供をしている。国立感染症研究所の岡部信彦・感染症情報センター長は「予防接種の空白が原因で大流行したはしかのような事態も懸念される。中国地方以西在住で、1回も予防接種を受けたことがなく、蚊に刺されやすい環境にいる子供は旧型ワクチンでも受けてほしい」と話している。【関東晋慈】
毎日新聞 2007年8月29日 1時27分
更に、こんなのもありました。
http://teltel.jugem.jp/?eid=329

| jaeger | 2007/09/29 19:04 | URL | ≫ EDIT

衛生所で予防接種その2

こんにちわ。じえいままです。
昨日衛生所で予防接種をしてきました。
なんと右足太腿にMMR、左足太腿に水疱瘡です。
MMRと水疱瘡は同時接種可能だということで、
いいのかなぁ、と思いつつお願いしました。
MMRは世界的にも安全な予防接種だそうですが、
水疱瘡は副反応として多少発熱の可能性があるようです。
なお、衛生所での予防接種は無料なので、
小児科での予防接種と比べると制限があります。
例えば、
ポリオワクチンは口服型のみで注射型はありません。
ヘモフィラス・インフルエンザ菌タイプB(Hib)は、
台湾では自費接種なので行っていません。
また前回、衛生所では日本脳炎が通年接種可能とコメントしましたが、
ワクチンの在庫がある場合のみ、ということで訂正します。
ヘモフィラス・インフルエンザ菌タイプB(Hib)ですが、
接種するべきかどうか悩むところです。
日本ではやっと今年認可され自費接種になっていますが、
多くの先進諸国では定期予防接種になっているようです。
1才過ぎると1回の接種でいいらしいのですが、
罹患する可能性からみると、
インフルエンザや日本脳炎のほうが優先順位が高いのかな、
と思い後回しにしています。
何か情報をお持ちの方、教えてください。

| じえいまま | 2007/09/29 10:54 | URL |

衛生所で予防接種

こんにちわ。じえいままです。
前回はとても個人的な内容をコメントしてしまいすみませんでした。
できれば削除お願いします。
あのコメントの後、予防接種についてわかったことを以下に記します。
予防接種は次の場所で受けられます。
定期予防接種は全民健康保險カード
(National Health Insurance Card)
があれば原則無料です。
①かかりつけの小児科
《メリット》
◎病歴を含めてこどもの成長をトータルに見てもらえる
◎小児科によっては次回接種予定日が近づくと電話確認をしてくれる
《デメリット》
◎毎回いくらかの診察料が必要
(保險カードでワクチン代は無料)
◎病気の子供が診察に来ているので感染が心配
②衛生所
《メリット》
◎保險カードがあれば費用がかからない
◎予防接種を受ける人しか来てないので感染の心配がない
◎乳幼児の健康相談も行っている
◎小児科では季節限定のワクチン(例:日本脳炎は3月~5月)も通年接種可能
《デメリット》
◎各區に一つしかないので自宅からのアクセスが悪い場合もある
◎決まった曜日と時間帯にしか行ってないので確認が必要
【台中市内の衛生所】
●中西區衛生所
 西区民權路105號
 04-22223811 04-22222832
●東區衛生所
 東區信義街142號
 04-22834121 04-22834245
●南區衛生所
 南區南和里工學路72號2樓 
04-22629735 04-22629736
●北區衛生所
 北區永興街301號4樓
04-22359186 04-22359182
●西屯區衛生所
 西屯區西屯路2段299號
04-27027068 04-27023649
●南屯區衛生所
 南屯區向心南路811號1樓
04-23827640 04-23823203
●北屯區軍功衛生所
 北屯區軍功路二段16號
04-22392638 04-22393932
●北屯區四民衛生所
 北屯區后庄路1062號
04-24210545 04-24211945
なおインフルエンザの予防接種が
10月1日から2歳以下の乳幼児及び65歳以上の高齢者に対して
12月1日から一般に対して
衛生所で行われます。
参考になれば幸いです。

| じえいまま | 2007/09/08 08:34 | URL |















非公開コメント

http://taichung.blog26.fc2.com/tb.php/35-f2938992

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。