PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[手術] 台湾/台中でのLasik(レーシック)【下書き中】

Lasikについて(特に台中のレーシック事情)

 まず、レーシックは視力矯正の手術の総称。

 台湾では、日本よりも進んでいて、
簡単なレーシックならどこの都市でもでき、
高度なレーシックであっても台北、台中、高雄などでできる。
今は、金額的に日本との差が余りない。
しかし、日本の場合は都内などにしか一流の設備を設けたクリニックがないので、
手術時、及び、その後の通院が面倒かも。

【まず、基本知識】
フラップの作り方は、次のような方法がある。
①フラップをケラトームであける。→レーシック(昔からある古い技術)
②フラップをレーザーで作成してあける(無刀雷射)。→イントラ・レーシック
③フラップをエピケラトームであける。→エピ・レーシック
④フラップを20%に薄めたエタノールであける。→レーゼック

ちなみに・・・照射レーザーについては下記の2つ。
①目全体に均一に照射する。→名前無し
②乱視や収差など、個人ごとに角膜をデータに取り、オーダーメード的にレーザーを照射する。
 →ウエーブフロント、カスタムビュー、コンチェルト、NAVEXなど
  データを取る機械によって呼称が変わるが、質の高い見え方を得る、
  という点での目的は同じ。

※フェイキックIOL、PRKという術式もありますが、結構特殊なのでここではSkip。

目の検査後に、(フラップ)+(照射レーザー)で術式を決定する。
現在、もっとも高度なのは、イントラ・レーシック+オーダーメードレーザー。

最もわかりやすい説明は、錦糸眼科さんのHPにあるので詳細は下記。
http://www.kinshi.or.jp/


【台中の眼科事情】
レーシック(昔からある古い技術)をやっているところは
台中にも沢山あるので、特殊なレーシックをやっている病院のみメモ。
ちなみに・・・特殊なレーシックは、角膜が薄い人、近視が強くて
レーザーで削らねばならない量が多い人が対象。

白佳欣眼科
http://www.eyelasik.com.tw/

フラップ:レーゼック、フェイキックIOL
照射レーザー:OAT2、OPD-CAT(装置の名前でよくわからないがオーダーメードレーザー)
英語のみで日本語は不可。
院長の白先生は技術力があるらしい。
(すごいのは技術力らしいが、あくまで人の手での技がすごいということ。
なので、機械は一般的なものらしい。ただ、レーゼックやフェイキックなどは
技術力がないとできないらしい。)

博士眼科
http://www.eyelaser.com.tw
フラップ:イントラレーシック、PRK、
照射レーザー:カスタムビュー
イントラレーシックは、最新で高価な機械。
日本でも数が少ないらしい。(全国で4箇所程度)


ちなみに・・・
チェーンの大学眼科の場合
レーシック(昔からある古い技術)+(普通のレーザーorオーダーメードレーザー)の2択。

更に、ちなみに・・・
レーゼックとエピ・レーシックは回復に時間を要するらしい。
結構、痛いらしい。(もちろん個人差あり)
術後3日程度は痛みもあり、1週間はよく見えないらしいので
仕事のある人などは休まないといけないかも。

こんなのものも発見しました。これ、大丈夫?!
「手軽にレーシック」
http://www.lasikathome.com/foureasysteps.htm

値段に関しては
http://blog.livedoor.jp/xak27/archives/51579566.html#comments

スポンサーサイト

| 医療に関するメモ | 08時12分 | 参考メモ:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://taichung.blog26.fc2.com/tb.php/69-5a8a05b5

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。