PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

[文化] 台湾での出産祝い

赤ちゃんが生まれると・・・
通常、祝う側は、お祝い金を包んだり(紅包300~1000元程度)
金のアクセサリーを赤ちゃんに贈る(数人でグループ購入したりする)。
(宝飾屋さんへ行くと赤ちゃん用の純金製の指輪やブレスレットがある。)
また、適当なプレゼント等を贈ったりする。

出産した側は、親戚や友人に「彌月蛋カオ」(カオは米へんに羔)を配る。
女の子の場合は、ケーキ類を配る。
男の子の場合は、「彌月油飯」という弁当を配る。
この弁当には胡麻油で作ったご飯、鶏モモ一本と殻を赤く染めたゆで卵が入っている。
(1個100元ちょっと)
「彌月」の贈り物をするだけでなく、「彌月酒(という宴会)」開くこともある。

ちなみに・・・
この弁当が何故に鶏モモと卵なのか?
説としては、大きく下記の2つがあるらしい。
男の子の誕生をより喜ぶ為、貧しかった時代に贅沢品だった鶏肉と卵が入れられた。
又は、男のシンボルをイメージしたという説。(←こっちが後からできたっぽい)
スポンサーサイト

| 学びに関するメモ | 22時17分 | 参考メモ:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://taichung.blog26.fc2.com/tb.php/96-a8e943dc

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。